交通事故豆知識

自賠責保険で支払われる損害と限度額


被害者1名についての支払限度額は次の通りです。

・傷害による損害 最高120万円

a.治療費関係・・・診察、入院、投薬、手術、治療にかかる費用及び診断書の発行にかかる費用
通院にかかる交通費(タクシー代など)
b.文書料・・・交通事故証明書、被害者側の印鑑証明、住民票等
c.休業損害・・・原則として1日5700円。立証資料等によりこれを超えることが明らかな場合、
1日につき19000円を限度としてその実額が支払われます。
専業主婦の方も請求が可能です。
d.慰謝料・・・1日につき4200円が支払われます。

損害賠償額が上記の限度額(120万円)を超えた場合は、任意保険からの支払いとなります。任意保険の支払い保険金は契約内容により限度額が変ります。また任意保険は過失割合(加害者と被害者の過失の程度)により過失相殺を行い賠償額の減額が行われます。

(2012.01.23)
« もしも交通事故に遭ってしまったら その2 | メインページ | ひき逃げや無保険車との事故の時は政府保障事業へ請求する。 »
メールでお問合わせ
ページトップ