交通事故豆知識

もしも交通事故に遭ってしまったら その1

1、警察へ届け出る

加害者は警察へ事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れないで行いましょう。(加害者が処罰を恐れて届け出ないこともあるため。)

また診察や治療を受ける場合は、物損事故ではなく人身事故の扱いにした方が、後日診察を受ける場合でも治療費などの支払いがスムーズに受けられ、損害賠償の適用項目も増える場合があります。また一度物損事故として届け出ると人身事故への取り扱い変更に時間や手間がかかり、被害者の精神的な負担も大きくなります。念のため検査を受けたいというような場合でも、人身事故扱いにしておくと良いでしょう。

2、相手を十分に確認する(次のことを確認しておきます)

(1)相手車両の登録番号
(2)相手の住所・氏名・連絡先
(3)相手側が加入している自賠責保険と任意の自動車保険の連絡先・担当者

3、交通事故証明書の取付け

最寄の自動車安全運転センターから交通事故証明書を交付してもらいます。申請用紙は同センターのほか、警察署、交番、駐在所等にも備え付けてあります。(自賠責保険での被害者の直接請求や仮渡金の請求にも必要。)

4
、必ず専門家の診察を受ける

たいしたことはないと思っても、意外に重傷であることもあります。事故にあったら専門家(医師、柔道整復師)の診察を受けることが大切です。また診断書を発行してもらい所轄の警察へ提出する事も必要です。診断書の提出により、物損事故から人身事故の扱いになり自賠責保険へ治療費の請求が可能となります。診断書は医師•柔道整復師のいずれでも発行することは出来ます。

5
、ひき逃げなどの場合は?
ひき逃げされたり、無保険車や盗難車によって被害を受けた人に対しては、政府の保障事業によって被害者の救済をはかっています。保障事業への請求は、国(国土交通省)から法律に基づいて、業務の委託を受けた保険会社等で受付けています。

(2012.01.23)
« むち打ち症(外傷性頸部症候群) | メインページ | もしも交通事故に遭ってしまったら その2 »
メールでお問合わせ
ページトップ